第2回ノゲセイ フューチャーハブ オープニングシンポジウム, Setagaya-ku, domenica, 22. gennaio 2017

平成28年12月にリニューアルオープンする世田谷区立野毛青少年交流センター(通称のげ青)別館。今後は「ノゲセイフューチャーハブ」という名称で、世田谷区における青少年の活動拠点として展開していきます。12月開催の第1回オープニングシンポジウム(https://www.facebook.com/events/218277028607380/)に引き続き、第二回シンポジウムを開催します。

第1部では基調報告としてスウェーデンの若者政策、特にユースセンターを中心とした取り組み事例を通じて、地域の活性化につながる若者の参加参画の支え方を考えます。

第2部では基調報告をうけたのげ青を利用する若者たちが何を感じ、何を考えたのかをひきだしに、両角氏、のげ青スタッフ、会場の皆様とともにこれからの野毛青少年交流センターのあり方をより具体的なイメージにしていきます。

<内容>
・基調報告「北欧型ユースセンターの実践報告(仮)」
報告者 両角達平(ストックホルム大学国際比較教育修士課程在籍 / 東京大学教育学部特別研究生)

・若者セッション「これからののげ青のあり方を考えるセッション」
登壇者 両角達平、野毛青少年交流センターを利用する若者、のげ青スタッフ、会場の皆様
コーディネーター 萩原建次郎

<報告者プロフィール>
両角達平
学生時代より中高生の余暇活動支援を軸とし、啓発活動などにも取り組み、若者の社会参画を促すユースワーク活動を続ける。その後、大学を休学し2012年からスウェーデンの首都ストックホルムに留学。以降、視察コーディネートや翻訳、記事執筆に携わる。ヨーロッパで訪問した団体の数は50以上。新卒で若者政策の国際NGO Youth Policy Press(ベルリン)に勤務。現在はストックホルム大学教育学部 (国際比較教育専攻)修士課程に在籍しながら東京大学教育学部に留学し、個人事業主のコンサルタント・研究者として活動している。

<詳細>
日時:2016年1月22日(日)14:30~17:30(開場14時)
会場:野毛青少年交流センター別館2階 創作活動室
住所:世田谷区野毛2-15-19
アクセス:東急大井町線「等々力駅」「上野毛駅」徒歩15分

<申込方法>
本Facebookイベントページで「参加する」ボタンをクリックしてください。

<主催・お問い合わせ>
世田谷区立 野毛青少年交流センター
TEL 03-3702-4587

※写真提供:YEC

第2回ノゲセイ フューチャーハブ オープニングシンポジウム

Trova eventi più interessanti
Ottenere suggerimenti eventi, sulla base di gusto Facebook. Scarica ora!Mostrami le manifestazioni adatto a meNon adesso